坐骨神経痛は病院か整骨院のどちらに行くべきか

坐骨神経痛は病院か整骨院のどちらに行くべきか

 

坐骨神経痛は病院か整骨院のどちらに行くべきか判断がつきにくい方

坐骨神経痛は病院か整骨院のどちらに行くべきか

これを見て基準にしていただけたらと思います。

坐骨神経痛は病院か整骨院のどちらに行くべきかのお答えは

 

両方行くのがベターです

 

まずは病院で坐骨神経痛かどうかの検査を受けて診断していただいてから

必要であれば

病院と整骨院を併用しても良いと思いますし、

病院の治療に満足いかなかったり改善が見られない場合は

整骨院や鍼灸院の施術を受けてみても良いかと思います。

 

2078979

 

 

坐骨神経痛は腰痛から派生することが多いです。

 

腰痛は国民病.

 

 

40 歳以上の約 2,800 万人が腰痛保有

腰痛の約90%は原因不明

 

この数字を見てドキッとした方もいらっしゃるのではないでしょうか

そうなんです。

 

日本の総人口を約1億2000万人として

約23%は腰痛による痛みや違和感を経験しているという事です。

 

しかし、

40歳以下の方でも腰痛でお困りの方いらっしゃいますので

腰痛の比率はもっと上がるとおもわれます。

 

腰痛の約90%は原因不明といっても

病院でのレントゲンやMRI等検査機器による画像診断や数値化できずに

痛みの原因が明確にわからなかったものを原因不明としていますので

残りの10%の可能性を診断してもらうために病院は必ず行った方が良いかと思います。

 

10%の中には内臓疾患が原因による腰痛も含まれています。

その他には、

骨折や神経圧迫、細菌感染や悪性腫瘍など

病院で検査をして確定診断できるものがあります。

ですから、

ただの腰痛だからともみほぐし屋やリラクゼーションなどで

ただただ腰を揉んでるだけでは何も変わらないどころか

症状が悪化する危険性もあります

 

整骨院や鍼灸院では診断こそできませんが

腰痛や坐骨神経痛に特化した施術方法を持っていますので

あなたのお悩みの腰痛や坐骨神経痛を改善してくれると思います。

ぜひあなたのお近くの整骨院や鍼灸院に相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

腰痛は整形外科と整骨院のどちらにいけばいいの?

その目安の一部をご紹介いたします。

 

腰痛の治療において整形外科の治療と整骨院の施術

全くの別物なので比べることはできません。

ただし、

 

1.腰痛で整骨院より整形外科に行った方が良いと思われる時

  
腰に負担のない姿勢をして安静に動かなくても激しく痛む場合

あなたの症状がレントゲンやMRIなどの画像診断を必要とするとき。

 

腰痛以外に症状が出ている時。

 

例えば足先がしびれるや感覚がおかしいなど

 

腰痛や腰痛以外の症状が時間を追うごとに強くなったり範囲が広がったりする場合

 

痛みが移動したり発熱や気分が悪くなったり力が入りにくかったりと

 

迅速に救急などで受診する方が良い場合もあります。

 

1971914

 

 

2. 腰痛で整形外科より整骨院に行った方が良いと思われる時

 

レントゲンやMRIなどの画像診断を受け

骨や神経に異常がなくシップや痛み止めを出されるだけで

納得いく処置を何もしてくれなかった時

 

腰痛を整形外科で治療されなくても整骨院では

腰痛に効果的な施術方法が見つかるかもしれません

 

シップや痛み止めで症状を一時的に誤魔化してかえって悪化させてしまうこともあります

 

ぎっくり腰に湿布はいつまで貼ればいいの?

 

中にはぎっくり腰になり整形外科に通院していたが

湿布と電気治療だけではあまり改善できないと

整骨や鍼灸の施術を希望されて来院される方も。

 

問診中に、

ぎっくり腰に湿布はいつまで貼ればいいの?

と聞かれることが多い気がします。

 

湿布自体には治療効果はありません。

 

しかも貼り続けていれば

 

完治を遅らせたり副作用でショック症状やアレルギーの可能性も。

 

ぎっくり腰に限らず打撲や捻挫でも湿布は

受傷から2~3日まで

を使用する目安にしていただいて、

腫れや熱感が強く残っている場合は1日ずつ湿布を貼る日数を延長していき

 

腫れや熱感が消えてきたら少なくしてなるべくなら貼らないことを当院ではお勧めしています。

 

病院で処方される湿布には

 

消炎剤(血管の拡張などを抑えて炎症を抑える薬)

 

鎮痛剤(痛みを伝える神経の伝達能力を抑える薬)

 

などが主に入っています。

 

medical_shippu-e1498267333588

 

ぎっくり腰や打撲や捻挫などの受傷で起きた炎症は

 

ダメージを受けた組織への修復反応とされています

 

痛みも受傷部分をかばったり脳に修復部分を伝えたりするのには必要な修復反応です。

 

どちらもけがを治すための必要な反応であり

この大切な反応を薬で抑え込んでしまうことは、

体がキズを治そうとする反応を遅らせてしまうことに繋がるかもしれません。

 

激しい炎症や痛みのために苦しんだり眠れない場合には少し症状を和らげるため、

湿布は手軽に効果を出せる便利なもの

 

しかし薬は薬

 

経皮薬なのでショック症状やアレルギー症状などの

副作用の可能性も注意して使う必要があります。

 

もしあなたが湿布を貼り続けていたとして

炎症も収まっているのに

今度は必要な血流までもが薬の効果によって妨げられていたら。

激しい痛みが収まっているのに

必要な刺激の情報が脳に伝わるのを薬の効果に妨げられていたら。

 

炎症や痛み=体にとって悪い反応

 

湿布=貼り続けるほど体を治してくれるもの

 

こんな考え方であれば

あなたの体にとって逆効果になっている場合もあるかもしれませんね。

 

 

坐骨神経痛の当院での施術経験ではこんなこともありました。

ある患者様

病院でレントゲン検査してもらったのですが

腰の骨には異常はなくヘルニアでもないという事で

シップと痛み止めで様子を見るように言われましたが痛みに耐えきれず来院されました。

腰と臀部に痛みがあり足にしびれのようなものが出ているという患者さんの訴えでした

 

坐骨神経痛の可能性がありますね。

ということで腰の骨は異常なしと病院で診断していただいているので

腰以外の原因を徒手検査してみると、

 

ありました。

お尻の痛みや足のしびれの本当の原因が

 

お尻の痛みや足のしびれの本当の原因は梨状筋というお尻の筋肉が固くなり

坐骨神経を圧迫することで坐骨神経痛を起こしていたのです。

 

788498

 

聞けば日々長時間のデスクワークで座りっぱなし

少しずつ姿勢が歪み骨盤も歪んできていたようです

いつしか歪んだ骨盤はお尻の片側の坐骨だけを支点とし

体を支え片側のお尻の筋肉だけが疲労を。

 

疲労と血行不良で固まったお尻の筋肉は坐骨神経を圧迫し、

お尻の痛みと足のしびれに繋がったと判断しました。

 

早めの来院だったため骨盤矯正で改善する事が出来ました。

 

 

腰の痛みが腰以外の原因から起こることもあります

 

身体を動かすためには様々な部位の筋肉を総合して体を動かします。

 

身体を同じ姿勢のままで静止させるにも様々な部位の筋肉を総合して体を静止させます

 

 

腰痛の原因が腰の筋肉になかった場合は、

姿勢を維持するための役割をする筋肉が腰痛の原因の可能性があるかもしれません。

 

例えば、

腰以外の背骨や頭や足の姿勢を支えている筋肉が怪我をしたり固まったりして、

いつのまにか腰の筋肉の負担がかかり痛みを起こしていたり、

 

足や背中や首の姿勢維持のための筋肉が疲れて血行不良や冷えで固まったりして、

腰の筋肉に負担をかけ痛みを起こしたりと、

腰の筋肉には異常がほとんどないのに

 

腰以外の姿勢を保つためなどの筋肉の影響や

 

腰以外のケガや血行不良の影響を受けて

 

腰に痛みが出ているような状態になることもあります。

 

例えば

膝が痛くなってかばって歩いていたら腰が痛くなってきた

逆に

腰痛をかばっていたらお尻や膝が痛くなってきたなど

何か関連性があって疲労や痛みを起こすこともあります

 

2030545
当院では、

いきなり腰だけを治療したり

シップや痛み止めで腰の痛みを誤魔化すのではなく

詳しい問診と検査により

 

腰の痛みの根本の原因は何であるのか

 

ということに重点を置き治療しております。

 

腰に限らず、

痛みの根本の原因さえわかれば

治療で改善の経過を早めたり再発を防ぐことも可能なわけです。

 

もしあなたやあなたの大事な方が

腰に痛みや違和感が出てきたとお困りなら

ぎっくり腰や腰痛になる可能性もありますし

それ以外の病気の可能性もあるかも。

 

そんな時は

あなたのお近くにある信頼できる病院や治療院に相談してみてもいいかもしれません

坐骨神経痛かもしれないと思った時

坐骨神経痛を病院か整骨院かどちらで診てもらったらいいかわからない時

相談に行けは良いアドバイスいただけると思います。

または、

朝痛くて起き上がれない腰痛の改善方法や予防方法

梅雨や夏場に多い冷えや疲労の原因や改善方法など

しっかりと治療していただけると思います。

 

当院でも

坐骨神経痛を改善するための専門の施術方法

朝に腰が痛くて起き上がれない方の原因の改善方法

梅雨になると痛みだす腰痛や肩痛や膝痛の治療

冷え性や足のむくみ血行不良の改善など

痛みの改善に特化した施術方法があります

いつでも気軽にご相談ください

お待ちしております

 

<お電話ご予約>

06-6305-1155

塚本三丁目
いしだ鍼灸整骨院 院長 ふくだまで

詳しい情報はこちらをご覧ください

最後までご覧頂きありがとうございます

 

こちらの記事もよろしければご参考にしてみて下さいね

 

 

朝に腰が痛くて起き上がれない人は90%これが原因

 

テレワーク肩こりテレワーク腰痛の原因と解消法とは

LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

朝に腰が痛くて起き上がれない人は90%これが原因

朝に腰が痛くて起き上がれない人は90%これが原因

 

朝に腰が痛くて起き上がれない人は

どうして朝腰が痛むのか原因がわからないという方いらっしゃいます

朝に腰が痛くて起き上がれない人の90%は原因は

ストレス

なぜそうなるかと申しますと

腰痛の約90%は原因不明とされていて

腰痛の原因は怒り=ストレスであるという研究チームもあるようです。

 

つまり

朝に腰が痛くて起き上がれない人は

原因の90%はストレス

と言えるでしょう。

1965896

 

それでは

ストレスと朝起き上がれないほどの腰痛との関係は?

 

ストレスといいますと

 

仕事のストレス

家庭のストレス

学校でのストレス

まわりの環境によるストレス

気圧や気候によるストレス

 

など肉体的や精神的にダメージを与えるもの

ストレスは意識的にも無意識的にでも与えられるもの

 

それがなぜか

朝に腰が痛くて起き上がれない原因になるのです。

 

朝に腰が痛くて起き上がれない原因とは

 

朝に腰が痛くて起き上がれないとお困りのあなた

それぞれ何らかのストレスを受けるような環境で生活されているかもしれません

 

ストレスが蓄積した状態

 

つまり何らかの肉体的や精神的な疲労が蓄積された状態で布団に潜り込んで朝を迎える

 

睡眠とは本来

疲れた心や体を回復させる方法であり重要な時間

せっかく疲労を回復させるのに睡眠を取ろうとしても

何らかの原因で疲労が睡眠の間に回復できていない。

なぜ?

我々人間には自律神経という働きにより

 

活動的になる

 

休息を取り回復させる

 

という切り替えをする事により健全な身体を持続させる事が出来ます。

そのためには

 

活動

栄養

睡眠

 

このバランスが重要となってきます。

ですがストレスにより自律神経のバランスが崩された際には

 

活動しなかればいけない時に活動意欲が湧かなかったり

 

栄養を取るべきところで食欲や内臓がうまく働かなかったり

 

睡眠をとりたいタイミングで眠れなかったり浅くなったりと

 

ストレスが日常生活に大きな影響を与える場合もあります。

 

その他にも

ストレスによる栄養不足や睡眠不足

ケガや病気などで疲労を回復を遅らせている以外なら

 

何か他の原因により睡眠をとっているにもかかわらず疲労の回復が遅れ

足腰や背中の大きな筋肉に痛みを起こすような原因が改善されずに朝を迎え

起床しようとした際に痛みや違和感を感じる場合があります。

 

当院では寝起きの腰痛の原因について次のように説明をしております。

 

その1
 
寝具が身体に合っていない可能性

 

マットや敷布団が柔らか過ぎたり硬すぎてませんか

2019824

 

上を向いて寝た際、

お尻が沈んだり腰が反ったりと腰が布団から浮いてしまってませんか?

 

腰の隙間に手が入るようなら

腰の筋肉の硬さが寝起きの腰痛の原因の一つになります

まくらの高さでも

ストレスで硬くなった肩や背中の筋肉が

枕の高さに合わせることが出来ずに

休息のはずがより筋肉に疲労の蓄積や痛みを出す原因になる可能性もあります。

枕が合わないと言って何回も買い替える方は

もしかしたらあなたのお身体が枕に合わないのかもしれませんね

 

その2 

寝る直前までパソコンスマホを見ている

 

パソコンやスマホで筋肉を疲労させていませんか

 

1952887

 

パソコンやスマホの画面を見る猫背姿勢や足を組む

またはベッドの中でスマホ操作で手を使い続ける

といった姿勢が腰や肩の筋肉を疲労させ

血行不良で筋肉が硬くなったまま寝てしまい、

寝起きの腰痛や寝違えの原因になる場合があります。

筋肉に限らず

画面の見過ぎで神経が興奮したまま寝てしまい

眠りが浅くなり疲労が取れなかった結果、

寝起きの痛みの原因となります。

 

その3

寝る前に食事や過度の飲酒をしている

 

食事や飲み過ぎたりしてすぐ寝てしまうと

寝ている間に食べ物の消化やアルコールの分解で

内臓が活動して眠りが浅くなったりして、

寝がえりの時目が覚めたり

朝方、トイレに行きたくなったり

良く寝たはずなのに体がだるくて起き上がりにくかったり

疲労が回復しなかったり血行不良で筋肉が硬くなり

寝起きの痛みの原因となります。

 

404535

 

 

貴方の寝起きの腰痛の原因はこの3つに当てはまるかもしれません

 

また梅雨の時期

足がだるくて寝にくい方が急増します。

 

湿気や気温が高く一日中暑いとクーラーの効いた部屋にほとんど一日中いる方も

特にステイホームでは

外出を控え運動不足になりがちで血行不良になりがちです。

 

くわえて、

職場や自宅でも家族がいるとなかなか自分好みに温度を調節できずに

冷えすぎてしまうことも

 

特に足元はクーラーの冷たい空気がたまりやすく

しらずしらず足先から冷えてしまって血行不良になり

足がだるくなるという原因になります

 

この足がだるくて重い原因は冷えて血行不良になり

さらにむくみなどが発生させ

疲労物質も流れにくくなるという悪循環になりやすい状況になります。

 

さらに暑いからとシャワーをサッとだけ浴びてまたクーラーのかかった部屋にすぐ戻る。

これでは原因である血行が回復して足のだるさが取れる時間がありません。

さらに、

一日中暑いため心臓への負担も大きく体もいつもより早く疲れることもあります。

 

心臓は血液を体中に循環させるポンプのようなもの

疲れたら血液を送り出す心臓の力にも影響して

心臓から一番遠い足に血行不良が起こる場合もあります。

 

足がだるくて眠れないんですが解消法はありますか?

 

足がだるくて眠れない時の3つの解消法

 

一日クーラーの冷気の中でいると手先足先から冷えてきて血行不良になり

筋肉の疲労も回復せずに足がむくんだり張って固まったようになります。

当然そのまま寝ようとしても

血行不良は解消されておらず

足がだるくて眠れない

という結果になってしまいます。

 

足がだるくて眠れない時の3つの解消法

 

その1 軽い運動をしてみる

 

血行改善して足の張やむくみをとるために

ウォーキングやつま先立ちで伸びをする運動やスクワットなどで

足の筋肉を動かして血行を促進

つま先立ちやスクワットは最初は負荷を軽くするために

壁や机に手を置いて体を支えながらゆっくり運動してみて下さいね。

 

*痛みや心臓や内臓に疾患をお持ちの方や高血圧の方は担当医師に相談してから運動してくださいね

 

 

913456

 

 

 

その2 お風呂にゆっくり浸かってみる

 

運動が苦手な方や運動する時間がない方も

お風呂で血行改善&リラックスで足のだるさを解消してから就寝して下さい。

詳しいお風呂での足のだるさ解消法はこちら

 

冷え性や足のむくみの改善自宅のお風呂で出来る簡単なエクササイズ

 

 

その3 バランスの良い温かい食事をとる

 

ついつい冷たいものや喉を通りやすいもので偏った食事になりがちな夏の食事

冷たいものを取りすぎると血行に影響したり内臓の動きに影響することも

 

せめて夜ご飯だけでもバランスが良くて温かい食事にして

内臓にやさしくエネルギーを作るのに必要な食事内容

にしてみてはいかがでしょうか

 

体は体温維持のため常に熱を発生しております。

その体温は体の中心へ行けば行くほど高くなります

この体温が低くなれば問題ですが高くなりすぎても問題なので、

汗をかいたり呼吸で適温まで下げるようにします。

 

夏は特に暑さを感じ

汗をかいたりして冷たい食べ物やクーラーで体を冷やす時期でもあります。

 

汗をかく➡冷たいものを取る➡体温調整➡汗をかく

 

の繰り返しで内臓の方が疲れてしまいます。

 

内臓が疲れてしまうと消化が悪く食欲が落ちる ⇒

食欲が落ちるとエネルギー不足になる ⇒

エネルギー不足になると回復が遅くなる ⇒

回復が遅くなると疲労が蓄積される ⇒

疲労が蓄積されてだるくて眠りが浅くなり寝不足に ⇒

そして夏バテになるということですね。

 

活動中は活発に熱を生産し体温調節していますが

寝る前には体内の温度が下がり

体表の温度が少し上がると眠りやすくなります。

 

今にも寝そうな赤ちゃんの手足をそっと触るととても暖かくなっていますよね。

 

しかし、

一日中クーラーの中で事務仕事や動きの少ない仕事の場合、

汗腺が開かず汗をかきにくい状態になることもあり

発生した熱を放熱させるようなタイミングがなく

そのまま放熱しないで寝ようとしても体内に高い熱が残ったままで

なかなか寝付けない状態になることも。

 

夏バテになると疲労や体温調節の不足で

眠れなかったり眠りが浅くなったりして

さらに疲労の回復が遅れる原因になります

 

特に梅雨や夏の時期は

原因にクーラーによる血行不良があります。

 

020957

 

外は室外機やアスファルトで灼熱×2

仕事場やカフェなんかは涼しく快適!

でも、そこに

ぎっくり腰や腰痛の原因が!

 

汗をかいて肌着が湿った状態でクーラーの風にあたると

汗の蒸発と同時に体温を奪っていきます

 

最初はヒンヤリ気持ちいいですが

長時間同じ状態でいるとその部分は血行不良になってしまいます。

 

冷えた筋肉は血流が悪くなりエネルギーも循環しにくい場所があったりして

疲労回復や柔軟性が落ちる場合もあります。

そこに

荷重や姿勢不良で腰に負担がかかると

 

ぎっくり腰や腰痛になるわけですね。

 

寝ている間のクーラーで体が冷えすぎると

朝一に、イタタタッ!!!となるわけです。

 

ぎっくり腰や腰痛で来院する方には、

暑い日が続いて湯ぶねに浸からずシャワーだけなんて方がいらっしゃいます。

 

夏は、

汗をかいたり代謝を落として身体の熱が上がらないようにします。

つまり、

筋肉の少ない女性や動きの少ないお仕事で室内ならなおさら

夏の身体は冷えやすい!

 

一日クーラーの中で冷たい食事が中心なら

体は冷えて血行不良になっていることが多いです。

ぎっくり腰、腰痛対策の一つとして

筋トレやヨガやマッサージ

まだやってみたことのない方は試してみてはいかがでしょうか?

 

忙しくてそんな時間ない!って方

お風呂で血流改善し冷えをリセットされることが

ぎっくり腰や腰痛予防には効果的だとおもいますよ。

 

お風呂が苦手で長く入れない方は

 

「 足指グーパー運動 」

 

を足湯や半身浴の状態でやってみてくださいね。

やり方は、

足の指でじゃんけんのグーとパーをするように

握ったり拡げたりして足先の血行を促進させてあげてください。(20~30回ぐらい)

 

寝るときはクーラーは緩めかタイマーで

 

そして氷枕もいいかもしれません

あたまはヒンヤリあしはホコホコ!

で、からだにやさしい適温でおやすみください。

 

それでも、

痛みや違和感が出てきたら

ぎっくり腰や腰痛になる可能性もありますし

それ以外の病気の可能性もあるかも。

そんな時は

あなたのお近くにある信頼できる病院や治療院に相談してみてもいいかもしれません

朝痛くて起き上がれない腰痛の改善方法や予防方法

梅雨や夏場に多い冷えや疲労の原因や改善方法など

しっかりと治療していただけると思います。

 

当院でも

朝に腰が痛くて起き上がれない方の原因の改善方法や

梅雨になると痛みだす腰痛や肩痛や膝痛の治療

冷え性や足のむくみ血行不良の改善など

痛みの改善に特化した施術方法があります

いつでも気軽にご相談ください

お待ちしております

 

<お電話ご予約>

06-6305-1155

塚本三丁目
いしだ鍼灸整骨院 院長 ふくだまで

詳しい情報はこちらをご覧ください

 

 

最後までご覧頂きありがとうございます

 

こちらの記事もよろしければご参考にしてみて下さいね

 

ぎっくり腰で動けないとなったときに最初にやるべき対処法とは!

 

テレワーク肩こりテレワーク腰痛の原因と解消法とは

LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

梅雨になると悪化する貴方の腰痛の原因は○○です!

梅雨になると悪化する貴方の腰痛の原因は○○です!

 

梅雨になると悪化する貴方の腰痛の原因ということで

梅雨になるとなぜか悪化してしまう腰痛もあります

当院でも、

梅雨になると腰痛の悪化やギックリ腰で来院される方が急増します。

ではどうして、

梅雨になると腰痛が悪化するのか

 

122051569

 

 

梅雨の時期になるとやって来る梅雨前線

日本列島上空に留まり雨を降らせる低気圧です。

この梅雨前線の低気圧こそが体調を悪くし

腰痛の原因となる血行不良を起こしていると考えられます

普段貴方の身体は自律神経といって

 

活動的になるための

『 交感神経 』

 

休息やリラックスするための

『 副交感神経 』

 

このバランスを上手くとることでやる気が出たり

身体に休憩をとらせてあげたりできます。

 

しかし貴方の身体は、

梅雨前線が停滞し低気圧の影響を受け

交感神経が優勢になる状態が続くことがあります。

 

リラックスや休憩したいのに交感神経が優位になるためにうまくコントロール出来ないような状態が続くと、

内臓の動きや睡眠に影響する場合もあり、

疲労が蓄積され身体への負担が大きくなると

腰や肩などの筋肉を痛めたり血行不良の原因となりやすくなることもあります。

 

これが梅雨に腰痛が悪化しやすい原因です。

梅雨の時期には腰痛やギックリ腰の原因が貴方の気づかない間に身体に蓄積され、

 

〇 疲れが取れにくい

〇 ケガをしていないのにどこか痛む

〇 身体が重だるい

〇 寝つきが悪い、睡眠不足

〇 食欲不振

〇 イライラする、気分が落ちる

 

などが出やすくなり

代謝や疲労回復が遅くなった身体は

梅雨に腰痛が悪化する場合があります。

 

腰痛以外にも梅雨の時期に注意すべき症状としては

頭痛や肩痛、肩こりや不眠です。

 

12051569

 

当院でも

梅雨になり肩こりや頭痛が増えたり悪化するのが悩みだと相談に来られる方が急増します

ではどうして、

梅雨になると肩こりや頭痛が急に増えるのか?

梅雨の肩こりや頭痛に原因は2つの理由あります。

 

その1

梅雨により低気圧が続き連続した気圧の変化が頭の中や顔の周りなどの血管を拡張させ、

梅雨に頭痛が増える原因のひとつとなります。

 

また、

低気圧は自律神経にも影響しバランスを崩し肩や背中の筋肉に血行不良を起こすことで、

梅雨に肩こりが増える原因のひとつとなります。

 

その2

梅雨になり湿気でジメジメと蒸し暑くどうしてもエアコンをつけてしまいます。

気温が真夏ほど高くないので

汗をかいたり湿気で湿った身体は

エアコンの風で冷えすぎたり、

冷えすぎて肩や背中の筋肉が血行不良になったり

寝ているときにエアコンで身体が冷えすぎたりしても原因のひとつとなります。

 

205341578

 

首や肩が冷えすぎて固まってしまうと

梅雨に頭痛が増えるばかりか寝違えや背中の痛みの原因のひとつになります。

 

梅雨になると腰痛や肩痛や頭痛以外にも

様々な体の部位に深刻な痛みが出る場合もあります。

 

例えば

梅雨に入り膝や股関節などの関節痛のお悩みで来院される患者様が多くなります。

ではどうして梅雨に膝や股関節の関節痛が出るのか。

当院では梅雨に起こる膝や股関節などの関節痛について

このような説明を患者様にしております

 

1、梅雨に入り低気圧により膝関節の血管が刺激される

 

関節には関節を包む袋があり中には潤滑油が入っています

(膝に溜まる水といわれているもの)

この袋が梅雨の低気圧により膨張し関節周囲の血管などを圧迫することにより梅雨に関節痛が起きます

722562

 

 

2、梅雨に入り低気圧により自律神経バランスが乱れる

 

筋肉を意識的に動かす運動神経に対し

内臓や血流やホルモン分泌などに関係が大きい

 

「 自律神経 」

 

〇 活動的になる交感神経

〇 休息やリラックスさせる副交感神経

 

この二つが一日の活動のリズムを作っています。

しかし、

梅雨に入りこのバランスが崩れることで

膝や股関節などの関節痛が出ます

 

交感神経が優位になることで関節周辺の血行の変化により痛みを起こすとされています。

また、

副交感神経が優位になり痛みを感じとるパルスが増幅され脳に伝わり普段より痛く感じるそうです。

 

 

3、梅雨の湿気や寒暖差が身体の冷えや血流に影響する

 

梅雨に入り湿気と共に気温も上昇して蒸し暑くなり身体も疲れて

血行不良になったり寝不足になります

湿気や汗で湿った身体はクーラーや扇風機の風で冷やされ血行不良に、

また、

冷たいものを習慣的に飲むようになり体の中も冷えやすくなりむくんだりもします。

梅雨の血行不良や足のむくみなどは

膝や股関節などの関節痛の原因となることもあります。

梅雨時期のクーラー病や冷え性やむくみでお悩みの貴方は

こちらの改善法の記事を御覧ください。

 

冷え性や足のむくみの最も効果的な対策は靴下を履いて寝る!でいいの?

 

梅雨になると腰痛や膝痛以外にも様々な症状が出る事もあります。

梅雨になると指先や足先がなぜか痛むことがあります。

また、

梅雨に入って体調不良になっている方も

 

なぜケガのない指先や足先が痛むのか

梅雨に入るとなぜ体調不良になるのか

 

梅雨に入りただでさえジメジメと湿気が多い日々

低気圧の停滞の影響で自律神経のバランスが崩れることもあります。

 

活発になる交感神経

 

リラックスする副交感神経

 

梅雨に入り体調不良になるのはこの自律神経のバランスが崩れるのが原因とされています。

うまくバランスが取れなくなった自律神経は

時には勝手に活発化して

動悸、高血圧、血行不良食欲不振、不眠、イライラ、片頭痛

など起こし、

時には勝手にリラックスさせようとして

眠気、倦怠感、低血圧、やる気が出ない

など起こします。

さらに蒸し暑いので扇風機やエアコンをつけてしまうと

冷えすぎたり風邪をひいたりします

 

20515659

 

 

梅雨になり指先や足先に痛みが出た患者さんは

梅雨の低気圧による体調不良のひとつである

指先や足先の血行不良が痛みに関連している場合があります。

 

病院などで原因がわからなかったり数値にでなかった場合

あなたの信頼できる治療院に改善の相談をしてもいいかもしれませんね

 

当院でも

梅雨になると痛みだす腰痛や肩痛や膝痛の治療

冷え性や足のむくみ血行不良の改善など

痛みの改善に特化した施術方法があります

いつでも気軽にご相談ください

お待ちしております

 

<お電話ご予約>

06-6305-1155

塚本三丁目
いしだ鍼灸整骨院 院長 ふくだまで

https://peraichi.com/landing_pages/view/ishidaharikyuu

最後までご覧頂きありがとうございます

 

こちらの記事もよろしければご参考にしてみて下さいね

ぎっくり腰で動けないとなったときに最初にやるべき対処法とは!

テレワーク肩こりテレワーク腰痛の原因と解消法とは

LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

テレワーク肩こりテレワーク腰痛の原因と解消法とは

テレワーク肩こりテレワーク腰痛の原因と解消法とは

 

テレワーク肩こりテレワーク腰痛の原因と解消法とは

自粛期間中テレワークで仕事をされていた方もいらっしゃるかと思います。

そんな中

テレワーク肩こりテレワーク腰痛に悩まされている方も少なくないようです。

ではなぜ、

テレワーク肩こりテレワーク腰痛が起こるのか

テレワーク肩こりテレワーク腰痛の原因と解消法をお伝えできればと思います。

 

1、 テレワーク中の痛みの本当の原因とは

2、 テレワーク中の痛みの予防方法とは

3、 季節の変わり目におこる痛みや不調の原因とは

4、 梅雨になると急増する症状とその原因とは

5、 クーラー病の原因とは

6、クーラー病のカンタン予防方法とは

 

953986

 

1、テレワーク中の痛みの本当の原因とは

 

テレワークで腰が痛くなるので座り方を変えたいのですが、

どうやって座ったら腰が痛くならないんですか?

というご相談いただきました。

 

テレワークで腰が痛くなるので座り方を変えたいということですが、

腰痛の原因がテレワーク中の座り姿勢からなのかそこからカウンセリングして

腰痛の原因を見付けていったほうが良いかと。

 

たしかに、

長時間テレワークで座っていると

腰痛の原因の膝を曲げたり足を組んでいる状態で同じ姿勢が続くことも。

さらに、

イスや組んだ足によって足の筋肉が圧迫される。

そうなると、

筋肉が疲労や血行不良を生じて

足がむくんだり冷えを感じるようになると

足の影響で腰に痛みを感じるようになる場合もあるかもしれませんね。

 

また、

デスクワーク中のパソコン画面を見ているうちに

だんだんと顔が画面に近づいていって

気付いたら猫背になっていたなんてことも。

そこから背中の筋肉が張って腰痛の原因になることも。

 

これでは本当に

テレワークで腰が痛くなるので座り方を変えたとしても、

座り方以外も変えないと効果が出にくいような気もします。

 

座り方に関しておススメしているのは

腰痛予防のテレワーク中の座り方ですが、

腰痛予防の座り方というかは疲れにくい座り方で、

背筋をピッと伸ばしておへそを見せるようにする。

そうすると勝手に骨盤の位置が座る骨と書いて

 

「坐骨」

 

で座るようになるというものです。

そこからを少し引いて目線をまっすぐにして頭を前にかがめない。

これが疲れにくい座り方だということなのでよろしければお試しください

 

1898845

 

2、テレワーク中の痛みの予防方法とは

 

長時間のテレワークで同じ姿勢をしているのもかなりツラいと思います。

ですから、

テレワークで腰が痛くなるので座り方を変えるのではなく、

テレワークで腰が痛くなる前に

正しく座って

適度に立って歩いたり

体を動かしたりして

一か所に筋肉疲労や血行不良を溜めないようにすることが、

腰痛予防に一番の座り方だと思います。

 

デスクワーク中の座り姿勢以外でも腰痛予防として、

 

お風呂にゆっくり浸かって

さらにセルフマッサージ

で血行を回復させたり、

ストレッチ体操で体をほぐす

のも良いかと(#^^#)

また、

疲労や血行不良の蓄積から

腰痛やぎっくり腰のリスクは高くなるかと思いますので、

 

疲労や血行不良を次の日の仕事や家事に持ち越さないのも

テレワークで座っていて腰が痛くなるのを防ぐ方法かと思います

 

 

3、季節の変わり目におこる痛みや不調の原因とは

 

なぜ季節の変わり目には風邪やギックリ腰や寝違いが多いのか

季節の変わり目になるとなぜか体調が崩れ

風邪やギックリ腰や寝違いに限らず、

頭痛やめまいや不眠など

様々な症状で来院される方が多くなっています。

 

なぜ季節の変わり目には風邪やギックリ腰や寝違いが多いのか。

その原因さえわかれば

回復のスピードアップだけではなく

予防の方法もわかるはずです。

 

季節の変わり目は、

 

1、 気温の変化が激しい

 

2、 バイオリズムの変化

 

3、 社会的ストレス

 

など様々な要因が関係する場合があります。

 

12444591

 

1、 気温の変化が激しい

 

季節の変わり目には大きな気温の変化があり、

特に、

日中と朝晩の変化が激しくなると体調に影響したり

クーラーや扇風機で冷えすぎたりすることもあるかもしれませんね。

それが原因で風邪をひいたり腹痛や頭痛により体調が悪くなり

食欲不振や不眠につながるとそれがストレスになり

疲労の回復が遅れたりして、

季節の変わり目になぜか

ギックリ腰や寝違いなどを引き起こす原因になるのかもしれませんね。

 

 

2、 バイオリズムの変化

 

季節の変わり目。

新しい季節に向かって体の中も準備に入ります。

暑い季節には体をなるべく涼しくなるように

寒い季節には体をなるべく温めるように

ホルモンバランスを調整します。

しかし、

近年の季節や気温の変化は予想がつきません。

バランスの調整だって難しくなることでしょう

それがストレスになり

筋肉や疲労の回復に影響して遅れたりして、

季節の変わり目になぜか

ギックリ腰や寝違いなどを引き起こす原因になるのかもしれませんね。

 

 

3、 社会的ストレス

 

季節の変わり目となると

社会的環境も変化が大きくなる時期。

自粛明けの学校では長い授業や試験などもありますし

会社では通常業務にくわえ決算など経済が動く時期もあるかもしれません。

 

身近な問題として、

衣替えやクーラーの温度調整で意見が分かれる時期でもあると思います。

通勤一つとってもストレスが増える時期。

 

それがやはり

筋肉や疲労の回復に影響して遅れる要因となり

季節の変わり目になぜか

ギックリ腰や寝違いなどを引き起こす原因になるのかもしれませんね。

 

このように

様々な要因がストレスになり影響を受けやすくなる時期

食事や睡眠や運動でバランスをとりながら

何とか出来ればよいのですが、

徐々に蓄積された疲労が

なかなか取れないようであれば

あなたのお近くの病院や治療院に

なぜ季節の変わり目には風邪やギックリ腰や寝違いが多いのか、

そしてそれをどうすれば改善できるのか

相談してみても良いかもしれません

 

1851107

 

4、梅雨になると急増する症状とその原因とは

 

当院では梅雨になり肩こりや頭痛が増えたり悪化するのが悩みだと

相談に来られる方が急増します

 

ではどうして、

梅雨になると肩こりや頭痛が急に増えるのか?

梅雨の肩こりや頭痛に原因は2つの理由があるとお話ししております。

 

原因その1  気圧の変化

 

梅雨により低気圧が続き連続した気圧の変化が頭の中や顔の周りなどの血管を拡張させ、

梅雨に頭痛が増える原因のひとつとなります。

 

また、

低気圧は自律神経にも影響しバランスを崩し、

肩や背中の筋肉に血行不良を起こすことで、

梅雨に肩こりが増える原因のひとつとなります。

 

原因その2  クーラー

 

梅雨になり湿気でジメジメと蒸し暑く

どうしてもエアコンをつけてしまいます

 

気温が真夏ほど高くないので

汗をかいたり湿気で湿った身体はエアコンの風で冷えすぎたり、

冷えすぎて肩や背中の筋肉が血行不良になったり

寝ているときにエアコンで身体が冷えすぎて

梅雨に肩こりが増える原因のひとつとなります。

首や肩が冷えすぎて固まってしまうと

梅雨に頭痛が増える原因のひとつになります。

今や暑い季節の必需品となったクーラー

一日中クーラーをつけているご家庭もあるのでは

 

しかし、

快適に過ごせる反面、

会社など共同の場では体温調整が難しく冷えすぎて

クーラー病といわれるものになり

頭痛や手足の痛みなど冷やしすぎが原因と思われる状態に。

 

ではどうしてクーラーを長時間かけた所にいると

頭痛や手足に痛みが出るなどクーラー病になるのか

 

475793

 

5、クーラー病の原因とは

 

身体を冷やし快適な温度まで下げるのにはクーラーはいいのですが

どうしても仕事の関係や家事でクーラーを長時間使い

身体が冷えすぎてしまうという方も

クーラーの風は汗や湿気で濡れた身体から急激に熱を奪い冷やしていきます。

一方で

貴方の体温は常に一定にバランスをとるように脳がコントロールしています。

最初はクーラーの風を脳も快適と感じますが

冷えすぎて外気温が低いと脳が感じると

今度は体温の安定のため熱を外に出しにくくします

つまり

血流を身体の中心に近い方に集中させ心臓や内臓の温度をキープしようとします。

 

さらに

心臓や内臓のある体幹に近いほど大きな筋肉や脂肪があり

発熱や保温効果が高いのですが、

体幹から遠い位置にある頭や手先足先は

筋肉や脂肪が体幹より少なく血管も表皮に近いために

体幹はまだ暑いと感じていても

頭や手足はすでに冷えている場合もあります。

 

急激に冷やされ血行不良になった筋肉が

血行の改善を求め脳に痛みで知らせるのが

クーラー病のひとつである頭痛や手足の痛みを起こしているかと思われます。

 

これがクーラー病で頭痛になる原因ですと患者様に説明しております。

 

暑い夏には欠かせないクーラー

でも、

使いすぎると体調を崩してしまう危険性もあります

クーラー病といって

頭痛や手先足先の痛みやしびれなど血行不良による痛みが出ることもあります。

 

ではどうすればクーラー病の頭痛を予防できるのか

 

 

6、クーラー病のカンタン予防方法とは

 

予防法その1

 

室温設定を下げ過ぎず扇風機など併用して調整する

体が冷えるのは設定温度を下げるためではなく

冷風で汗や湿気が乾くとき熱を奪っていくからです

 

扇風機を使い身体にも財布にもやさしくしてみては

 

予防法その2

 

こまめに汗を拭いたり着替えたりする

汗や湿気で濡れた衣類でクーラーの風にあたると

部分的に冷えて頭痛や痛みや風邪など体調不良の原因になる可能性もあります。

 

予防法その3

 

身体を体操やウォーキングなどで動かして汗をかく

冷えて血行不良になって固まった状態の筋肉を

元に戻すよう少しずつ動かして温めてください

 

予防法その4

 

夜には温かい食事やお風呂にゆっくり浸かる

ずっと汗をかいたり冷えたりしていると

体温調整で筋肉や内臓がれて動きが悪くなり

食欲が落ちたり身体がだるくなったりすることもあります

 

温かく消化の良い食事とお風呂で一度身体を温めて

疲れをリフレッシュしてみるのもいいかと思います

お風呂での体操記事です。

 

是非ご参考までに読んでみて頂けたらと思います

 

冷え性や足のむくみの改善自宅のお風呂で出来る簡単なエクササイズ

 

 

予防法その5

 

天気予報を参考にタイマーを使い明け方前気温が下がり、

涼しくなりそうなら冷えすぎないようにする

パジャマや長ズボンで直接冷気が当たらないようにしていただくのも良いかと思います

 

明け方前に気温が下がり涼しくなることもあります

この時間帯にお腹が痛くなったりトイレに行きたくなる方は

身体が冷え過ぎている可能性もあるかも

 

 

もしこの5つを試してみても効果がなかったら

あなたのお近くの整骨院や治療院に相談してみてもいいかもしれません

 

当院でも

テレワーク腰痛やぎっくり腰などの

腰の痛みの改善に特化した施術方法があります

いつでも気軽にご相談ください

お待ちしております

 

<お電話ご予約>

06-6305-1155

塚本三丁目
いしだ鍼灸整骨院 院長 ふくだまで

当院の詳しい情報はコチラのHPをご覧ください

最後までご覧頂きありがとうございます

 

こちらの記事もよろしければご参考にしてみて下さいね

ぎっくり腰で動けないとなったときに最初にやるべき対処法とは!

LINEで送る
Share on Facebook
Pocket

子供が足が痛いといって歩けないのは○○が原因かも

子供が足が痛いといって歩けないのは○○が原因かも

 

子供が足が痛いといって歩かない。

子供が足が痛いといって歩けないのは何か原因があるのかもしれません

子供が足が痛いといって歩けない原因は様々なものが考えられます。

例えば、

膝周辺が痛いと訴えたり歩くときや立ち上がる時に痛そうにしていた場合

どのように注意していけば良いのか

1545314

 

1、 成長痛 

一定時間関節付近などに痛みが出る。

3歳から12歳くらいの成長期に骨の成長と共に出現する場合がある。

 

2、 ウイルスや細菌の感染によるもの

腫れや熱を感じる場合や激しい痛みが出る事もある

 

3、 非感染性による痛み

ウイルスや細菌感染がなくても

関節炎やアレルギー症状やリウマチや骨端症など

非感染性でも痛みを生じる場合がある。

 

4、 オスグットシュラッター病

スポーツなどの疲労の蓄積で膝に関わる筋肉が固くなり

腱が付着している膝下の脛骨の少し出ているところに痛みが出る。

まずは、

病院での診察を受けていただいて

1~4もしくはそれ以外の疾患であるかどうかを

診断していただいておくと良いかと思います。

2や3であれば病院での治療や投薬が必要になる場合もあると思います。

1や4

特に4の場合はあなたのお近くの信頼できる整骨院に相談に行っても良いかと思います。

 

オスグットシュラッター病とはどんな疾患なのか

 

学生の時こんな経験されませんでした?

クラブ活動中やひざが当たった時に

「いて~っ!でもなにこれ?」

みたいな

 

でも、

そのひざの痛みの正体を知っていて早めに治療すれば治るんです!

 

今からそのひざの痛みの正体を解説から治療法までご説明しますね

 

小学生高学年から高校生ぐらいまでひざのお皿のすこし下に

ポコッと腫れたようになってて、

ジャンプやダッシュ、相手と接触した時にすごく痛いってご経験ある方少なくないかと思います。

 

basuke880953 - コピー

例えば、

バスケットボール部

「ジャンプのときすごい痛む!」

 

sakka880953 - コピー

サッカー部

「ボールの取り合いで相手の膝が当たった時は泣くほど痛い!」

等々、この痛みの正体は?

 

その名も

 

<< オスグッドシュラッテル病!>>

 

オスグッド(以後省略)の正体は、

大腿四頭筋というだいだいふとももの前側の筋肉は

膝に近くなると筋肉から腱に変わっていきます。

そして、

ひざのお皿のうえを腱が通り過ぎてその下のすねの骨にくっついています。

ここが筋肉と骨をつなぐ大事な場所

そしてもっとも痛くなる場所です!

 

203040

 

痛くなる原因はこうです。

 

1、 クラブ活動やスポーツで繰り返しの練習や姿勢で過度の負荷が太ももの筋肉にかかる

 

2、 疲労がたまった筋肉は柔軟性が落ちたりして負荷を逃がせられなくなる

 

3、 負荷が筋肉と腱のつないでいる筋腱付着部に繰り返しかかると炎症が起こったり激しい痛みなどが起こる場合もあります。

 

スポーツ経験者や学校のクラブ活動で運動部などに所属している場合は

前文の説明のような原因を中心に問診と検査をします。

 

スポーツやってなくても痛みが出る場合

急な成長で骨と筋肉のバランスが崩れていないか

姿勢不良で偏った筋肉の疲労がおきていないか

を中心に問診と検査をします。

 

特に

自粛期間中で体を動かさない場合

勉強やスマホなどで同じ姿勢をとり過ぎて筋肉が疲労して固まってしまうことで

痛みをともなう場合もありますので注意も必要です。

 

アイシングや姿勢のバランスを整える治療で筋肉の柔軟性を回復させた後

ストレッチや正しい姿勢のとり方などの指導をおこないます。

 

痛みが出ているのに我慢していれば

オスグッドの部分の骨膜がひっぱられ骨が隆起したようになったり

時には

腱断裂や剥離骨折の危険性もあります!

 

成長期のお子様の中には

親や指導者に相談するのに勇気が出せないでガマンしてしまうお子様もいらっしゃいます。

子供達の変化にいち早く気付いてあげて

お近くの信頼できる病院や整骨院に一緒に連れて行ってあげてみてはいかがでしょうか。

特に、

オスグット病って特にサッカー経験者の方は聞いたことあるかもしれません。

オスグットシュラッター病ともいわれ

サッカーなど足に負担がかかるスポーツの10代の競技者に多く

膝のお皿の数センチ下の骨が少し出ている所に激痛や腫れが出たりして

重症になると剥離骨折もあります。

 

086380

 

オスグット病がサッカー競技者の10代に多い理由は、

オスグット病で痛くなる場所は太ももの前の筋肉が腱に代わって骨にくっついている

大腿四頭筋筋腱付着部という骨膜です。

10代の頃は、この骨の表面の骨膜がまだ柔らかく

太ももの筋肉がオーバーワークの疲労やケガで固くなると

筋肉の柔軟性が落ちて腱が骨の表面の骨膜を引っ張るような状態が続きます。

そうなると、

骨の表面は炎症が起きたり骨が盛り上がってきたり時には引っ張られすぎて

剥離骨折になる危険性も

 

サッカーなどは特に足の筋肉を使います

走り込んだりぶつかったりして

足の筋肉の疲労やサッカーのケガからオスグット病になったり

ケガをしている方の足をかばい

逆の足がオスグット病になるケースもあります。

 

早めに本人が痛みに気づいた時に訴え治療するのが一番ですが、

チームワークやレギュラー争いを考え本人が口に出すのをためらい

我慢して競技を続け

取り返しのつかないケガに発展する場合も

 

bikkuri1446917

 

親御さんや指導者がしぐさや会話の異変から気付いてあげて

早めに近くの信頼できる病院や整骨院に

オスグット病になってしまった原因の相談やオスグット病の時の治療

オスグット病予防に運動前後のストレッチやテーピングの方法の指導や相談などで

受診してみてはいかがでしょうか。

 

オスグット病になり治療せずそのまま競技を続けて

 

骨が盛り上がったり剥離骨折になってしまえば

 

骨変形が残ったり競技を長い間休み治療することになるかもしれません。

 

オスグット病になる前に初期の痛みが出た段階で競技を中止し安静にすることをお勧めします。

さらに

一日も早く競技復帰したいと願うなら

治療やストレッチやテーピングでオスグット病を予防した方が良いかと思います

治療は患部を安静にして必要であればアイシングや包帯で固定します。

太ももの筋肉を特に治療して筋肉の緊張や血行不良を改善し

治癒を早めるよう手助けします。

 

当院ではオスグット病がなぜ発症したのか問診やカウンセリングで

根本の原因を見つけアドバイスすることで

再発を少しでも防ぎ楽しく競技してもらうために

オスグット病に有効な治療やストレッチ法を指導することに力を入れております

 

オスグット病に有効なストレッチ体操としては

大腿四頭筋という太ももの前の筋肉をゆっくりストレッチをかけて

筋肉を伸ばすことですね。

このとき

 

1、患部が当たっても痛くないようにタオルやクッションで患部を保護してくださいね

2、 股関節の関節の可動範囲を力任せに伸ばすのではなく余裕を持たせ力を抜きましょう

3、 体重の移動だけで力を入れずに静かに呼吸して筋肉が伸びるまでゆっくりと待ちましょう。

4、 どうしても患部が痛むときは横向きに寝た態勢でチャレンジしてください

 

それでも痛むときはアイシングだけして安静にして

早めにお近くの信頼できる病院や整骨院に

オスグット病予防に運動前後のストレッチや

オスッグト病予防のテーピングの指導や相談などで受診してみてはいかがでしょうか。

 

当院でも

いつでも気軽にご相談ください

お待ちしております

 

<お電話ご予約>

06-6305-1155

塚本三丁目
いしだ鍼灸整骨院 院長 ふくだまで

 

最後までご覧頂きありがとうございます

 

こちらの記事もよろしければご参考にしてみて下さいね

 

テレワークで腰痛にならないための予防法と腰痛解消法とは

 

ぎっくり腰で動けないとなったときに最初にやるべき対処法とは!

LINEで送る
Share on Facebook
Pocket